2 大きくなるっていうことは?

(質問者:息子6歳 小学生に上がるときに)

これは息子その1が小学校に上がる時に、卒園アルバムに寄せた私のコメント。
「大きくなるってどういう事か?」を考えてみたのであるが・・・

さて、君は小学生になる訳だけれど「大きくなる」ってどういう事かわかるかな?
「大きくなる」って事は「重い荷物を持てるようになる」事だと思うんだ。

君は赤ちゃんの頃にはこんな、通園用のリュックはもてなかったよね。
でも今は持てる。

ママは大きな買い物袋が持てる。
君はまだ持てない。
でも今より大きくなれば持てる。
大人になるってそういう事なんだ。

嫌な気持ち、気持ちが重くなる時ってあるよね。
赤ちゃんは嫌だとエーンって泣く。
でも君はすぐには泣かない。
嫌だったり痛かったりするのを我慢する事ができるよね。
それは重い気持ちを持っていられるからだ。

パパは泣く?
パパって泣かないよね?
パパはとっても重い気持ちを持っていられるからだ。
すごいよね。

でも、あんまり重い荷物も気持ちもずっと持っていると疲れたり、困ったりする。
そういう時は置いてもいいんだ。
それで少し、休む。
大人だってエーンと泣く。
でもそうすると、また荷物を持てるようになるんだ。
そうやって少しずつ重い物を持てるようになる。

力持ちはカッコいいよ。
みんな自分の荷物は自分で持つ。
それが基本だけど力持ちの人は他の人を手伝う事も出来るしね。

さあ、まずはランドセルに入るだけの荷物を持ってみよう。
最初は結構重たいもんだけどね。
大丈夫、だんだん力持ちになっていくから。
[PR]
# by bunbuku-hanashika | 2009-07-26 06:57

1 物の値段って?

(質問者:息子当時6歳 なり立てくらい)

これは1年前くらいに息子その1が高価なオモチャをねだったが、
パパに買ってもらえなかった時に聞いてきた疑問と、私のそのお答え・・・

「なんでお金って払うの?値段ってなに?」
今日はこれについて考えてみよう。

そうだね、物には値段がついている。
これは何かを買う時に払う、お金の数だね。

何かを作るには、誰かが一生懸命に材料を切ったり、育てたり、料理したり・・・と
いろんな作業をする。

値段はそんな事に「ありがとう」を言う数なんだ。

100円なら、100ありがとう。

作るのが難しかったり、育てるのが大変だったり、珍しいものだったりすると、値段が高い。
沢山「ありがとう」を言わなければいけないからだ。

その1が欲しかったオモチャは高かったね。
作るのが難しそうだった。

今日買えなかったのは、ママにもパパにもその1にも沢山「ありがとう」がなかったからだ。
誰かの仕事に「ありがとう」をいうには、自分も仕事して沢山「ありがとう」を貯めておかなくちゃいけない。

貯めた「ありがとう」を払わないと、物は買えない。

パパとママは大人だから、仕事をして他の誰かから「ありがとう」をもらうよ。
その1は子供だから、欲しいものを作ってくれた人に感謝して「ありがとう」の気持ちを貯めるよ。

それが今日は足りなかったね。
だから買えなかった。

その1がまだどうしてもあれが欲しかったら「ありがとう」の気持ちを貯めなきゃ・・・。
そうしたら、ママの「ありがとう」を分けて助けてあげるから、また買いにいきましょう。

と、そんな説明をお風呂の中でしてやった。

経済のしくみと、感謝の気持ちと、物を買うにはお金が必要。
そういった事はどういったらわかるのかな、子供には・・・・?
[PR]
# by bunbuku-hanashika | 2009-07-26 06:34

練習するのだ

「大人」ってどういう人か

「どういう人を大人と呼ぶか」は人によってそれぞれでしょうし、
私にとっても「大人」の定義はいくつかあるのだけれど、
その中の1つに
「何かを聞かれて、それに答えられる人(それは即答でなくても可だし、色々調べてもいい)」
というのがある。
つまりは、「何事にも自分なりの意見なり考えを持っている」って事なんだろうけれど。
こういう風にずっと前に私は決めていた。

そう決めてから時は移り、自分も大人という分類に入る年齢にはなった。
その上、自分が子供まで持つようになったら、
子供らから「なに?なぜ?」弾の攻撃を日々、受ける事になった。
子供らの目には何もかもが初めて見る物、出会う事で、
「なに、これ?」「なんで?」「どうして?」と聞かずにはおれないのだろう。

「なに?なぜ?」弾ははじめの内は物の名前などを聞くだけだった。
通りすがりの猫を見ただけで「なに?なぜ?」弾が発射され、
「あれは猫よ」と答えるだけで攻撃は治まった。
だけど、子供が成長すれば質問も成長するのである。

「金魚は死んだらどうなるの?」

さあ、「何か?」と聞かれて答えるのが大人であるぞ。
考えろ、どう答えるのか!大人のわたし!

子供の君らが大人に成るために感じる疑問を、
大人の私は「理想の大人」になるために考えよう。

これらは日々、子供が疑問に思った事と私が疑問に思った事の
私流のお答えです。
何の専門家でもない、ただのオカーサンの回答です。
ただのオカーサンの回答だから、間違っているかもしれないし、
違う意見もあると思うし、模範解答じゃないと思う。
そしてもしかしたら、これが正解って無いことかもしれないし。
だからその点はご容赦願います。

とにかく子供と私が大人になるための準備と練習な問題な訳でして。
考える事に意義と進歩があるんだぞ・・・と
「大人準備練習帳」をつけようと思った訳なのです。
[PR]
# by bunbuku-hanashika | 2009-07-25 07:04 | はじめに